×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車の税金を知っておきましょう

車の税金といっても色々な種類がありますが、車を購入してからも税金やガソリン代や整備費や保険代や車検代など、いろいろ車を所有するには維持費がかかってきます。その中の車 税金についても、いろいろな車の税金制度があります。
車を購入した際に支払う車の税金、自動車所得税、自動車税、自動車重量税、消費税、地方消費税などいろいろ車に税金がかかります。車を実際に所有してからの車にかかる税金のことですが、これには自動車税や軽自動車税などの車の税金がかかります。また車検の時は、自動車重量税がかかってきます。
車を購入する際には、車にかかる税金のことを知っておくことが、車の購入時にかかる税金や購入してからの維持費や算出方法などに活かせるのではないでしょうか。また車を所有してからも、車の税金を理解して、維持費がどれぐらいになるのかを把握して役立ててください。

自動車税(軽自動車税)と自動車重量税について

車の税金や自動車税ですが、車を保有している限り毎年かかります、自家用車の場合はかなりの額になります。排気量による違いがありますが、だいたい一般的な家庭では毎月あたり3,000円から4,000円あたり必要になってきます。営業用の車の場合には、その三分の一ほどですが任意保険料が高くなるようです。それと、軽自動車税は自治体によって違いますが、年間あたり8,000円未満の自治体が多いみたいです。
車の税金、自動車重量税は、通常 車検を受ける時に課税されます。車検の際には自動車税の納税証明書が必要ですのでお忘れなく。納税通知書の一部は納税証明書用紙になっています、自動車税を納めたときにこれが「納税証明書」になりますので、車検証と一緒に保管しておいてください。

車の税金は排気量で違います

排気量の違いで車の税金も変わってきますが、どれくらいの違いで車の税金が排気量でかわってくるのでしょうか。
その排気量(cc)の違いを調べてみました。
車 税金、排気量(cc)別、◆軽自動車・・7200円 ◆1000cc以下・・・29500円 ◆1000超1500以下・・34500円 ◆1500超2000以下・・39500円 ◆2000超2500以下・・45000円 ◆2500超3000以下・・51000円 ◆3000超3500以下・・58000円 ◆3500超4000以下・・66500円 ◆4000超4500以下・・75600円 ◆4500超6000以下・・88000円 ◆6000超・・・111000円
ただしグリーン税制適合車であれば登録翌年度の自動車税が25〜50%程度安くなります。

Copyright © 2009 車の税金を知る、自動車税を知る